オン! ザ エフェクター

Zoom G5n さらに進化。神レベルに使いやすいマルチエフェクター

そう、マルチエフェクターだけではなくZoomの製品の操作性の簡単さはもはや神レベルだと思うんです。どれもが説明書を読まずに直感で操作できるという。

今回はただでさえ使いやすいG5がさらに進化し、さらに使いやすくなったようです。

変更点の一つは手前(足前?)にフットスイッチをもってきて、BankのUP/DOWN、バンク/パッチの切り替え、チューナー、エフェクト表示の左右スクロール等が足でできるようになったこと。

もう一つの変更点はアンプモデリングが5、キャビネットが5、搭載エフェクターが68とそれぞれG5より減っていることです。
とにかく増やせばいいとされている昨今。そこを敢えて減らしてきたというのは、逆に操作を簡潔にし、使いやすくなってると思います。

特に初心者にとっては、よく分からないアンプやらエフェクターがあるよりも迷わなくていいんじゃないでしょうか。

この常に初心者の視点を忘れないのはすごいと思います。

その他ルーパー機能は60秒から80秒に増加、リズムパターンも40から68に増えているようです。

プリセットパッチは100、ユーザーパッチは200。
9エフェクト同時使用可能。
ステレオアウト、AUX、ヘッドフォン端子。USB接続でオーディオインターフェイスとして使用可能。

デザインがなんといっても秀逸です。
某メーカーが最近すっかり目覚めてしまって、普通にかっこよくなってますが、それも寂しい気がするんです。画一的でつまらない。それにひきかえ、我らがZoomはデザインの進化の方向が他とは違う。大事なところを忘れていません。ダサさを残したかっこよさ。
ダサくなければZoomじゃない!!
このバランスは管理人的にツボですね。もうちょっとださくてもいいです。いや、どっちかというともっとダサいほうがZoomっぽい。

他にお手軽なマルチエフェクターはこんなのがありますっていう関連記事→
HOTONE RAVO MP-10 今度はマルチ さすがの小ささと軽さですが
VALETON Dapper 操作しやすく使いやすいマルチエフェクター

Zoomはいつまでも初心者の味方。ぶれない姿勢が素晴らしい。僕みたいに永遠の初心者にとっては安定のブランドです。最初に買うエフェクターとしてまず間違いはないでしょう。あと気になるのは進化しているというサウンド面です。早く試してみたい!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

洗練された音とデザインWalrus Audio

もっと詳しく
Return Top