Walrus Audio Mayflower / Voyager 透明感がすばらしいオーバードライブ2種

めったに店頭に並ぶことはないであろう
Walrus Audioのオーバードライブが
期間限定で置いてあるという事で
このチャンスは逃すまいと行ってきました。
MessnerHarvesterがあれば良かったのですが、
残念ながらなく、試したのはMayflowerとVoyager。

なぜかアンプがBadcatになりましたが、
ギターはP-90搭載にしてもらいました。

まずはMayflower。
クリーンからハイゲインまで、結構幅が広い。
TrebleとBassの効きがいいですね。
下げても上げても使える。
Levelはある程度上げた方が良さそうですね。
低いとちょっとこもりがちかなあ。
このへんアンプとの兼ね合いがあるかもしれません。
とにかくクランチ~ゲイン高めで弾くソロが半端なく気持ちいい‼
永遠に弾いていたくなりますね。
カッティングもジャキジャキしていい感じです。
クリーンもいいのですが、Mayflowerはゲイン高めが
非常においしいのでこれを使わないともったいない気がします。

対してVoyagerはプリアンプ的というか、クリーン~クランチが気持ちいいですね。
某Centaurとも比較されてるようです。
本物のケンタウルスをよく知らないのですが、イメージよりは随分スッキリな気がします。
Walrus Audio全般に言えることですが、
どのペダルも音に透明感があるような気がします。
それが特徴というか。
歪みもある程度は高くなりますが、あんまり使えないかなあ。
これもLevel少なめはこもりましたね。
でもあるポイント以上あげるとぐーんと前に出てきます。
ちょっとLevelがtoneみたいな効き方するなーとは思いましたね。

MayflowerもVoyagerもギターボリュームの反応は普通な感じです。

で、せっかく2つ並べて試奏したので両方同時ONも試してみたのですが、
これがいい。
Mayflowerをクリーン、クランチに設定しておいて、その上にVoyageをONすると
おいしい部分がどちらも使えますし、
気持ちよかったソロの音にさらにコシと粘りがついた感じで
これで哀愁のギターソロ弾いたら何人か泣かせられるんちゃうか
と妄想を膨らませてしまいました。

やっぱりHarvesterが気になるのですが、
今回試奏したMayflowerVoyagerもすごい良かったです。

ちなみに試奏したのは梅田ロフト8Fの島村楽器さん
ここに楽器屋さんがあるのを昨日まで知らなかった・・・。広くて試奏しやすくてよかったです。
これからもちょくちょく寄ってみよう。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. エレキギター6年目
    いまだ初心者でギブソンと機材が好きなヒデポーです。

    WALRUS AUDIO の IRON HORSEを手に入れました~
    使用しているアンプがオレンジなので相性が合うか分かりませんが
    楽しみです。

    • Walrus Audioいいですよねー。音もそうですが、デザインが渋くて足下にあるだけでにんやりしてしまいそうです。うらやましい。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top