オン! ザ エフェクター

Walrus Audio ContrabandホットなおすすめワンノブFuzz

Walrus Audioの新作Fuzz。やっぱりかっこいい、音もルックスも。
ワンノブとワンスイッチながら、ディストーション的歪みから、ブーミーな、はたまたブチブチなゲートファズっぽいのまで音は実に多彩。
しかし、これは玄人向けっぽくみせておいて、実は初心者にこそおすすめの逸品。

このWalrus Audio Contrabandはギターのボリューム、ピッキングの強弱で歪みの表情が変わります。

楽しいです。

だからこそ初心者の人に触ってほしいんです。エフェクターって楽しいって心底思えるファズです。

僕もエフェクターって楽しいって思った最初は、こういうFuzzでした。ブチブチいったり、ブーミーになったり、そいつは果ては発振までしてました。

なんて、楽しいんだと思いましたよ。
まあ、思えばそれがこうやってズブズブと、エフェクターにハマるきっかけではあったんですけど。

Thick/Thinスイッチは、文字どおり厚くしたり、薄くしたり、主に低域に効くみたいです。Big muffっぽいブーミーな音の壁が作れます。

無理矢理分類するとしたら、FuzzFactory系列かな。ちょっと大人しめのファズファクトリー。発振しないし。Fuzzfaceみたいに正統な、基本の音を作るファズも重要だけど、こういう一歩間違えばノイズっていうやつはホント楽しいです。

こういうファズって嗜好品だよなと思っていたら、Contrabandって禁制品という意味らしい。うむ、我が意を得たり。分かってるねー、Walrusさん。

例えば、こんなファズも➡Rainger FX Dr Freakenstein’s Dwarf やっぱりファズって楽しい!

ケースのデザインが楽しいWalrusのペダルですが、今回描かれてるのは、禁制品を運ぶ密売人でしょうか。ちょっと渋め。

このペダルの中で、一番軟弱と思われるディストーション的な歪みもさすがのWalrus品質で充分かっこ良い。つまりは普通の歪みとしても使える。

Walrus品質が味わえるペダルたちはこちら➡

普通に歪みとしても使いながら、裏でブチブチ言わせて楽しむのもあり。Contraband(禁制品)なんでバレないようにしないと。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

洗練された音とデザインWalrus Audio

もっと詳しく
Return Top