オン! ザ エフェクター

VEMURAM Jan Ray 弾いてみたらやっぱりいいもんでした。

いまさら試奏シリーズ。。。
VemuramのJan Rayです。これも話題になった時期は過ぎましたが、定番エフェクターの仲間入りしてますね。

フェンダー系?

Fender Amp系ということで気になってたんですが、某大物ギタリストが使用したりしてたんで、
天の邪鬼な管理人はちょっと距離をとってました。
(そのわりにArion使ってたりしますけどね)

いわゆるブラックフェイス期のフェンダーアンプってことなんですが、そもそもその音を知らんしな。

ってことで、弾いたまま聴いたままの印象です。

ちなみに今回の使用ギターはテレキャスです。

いきなり結論

結論をまず申し上げますと、「今、求めているものではないが、いつか使いたくなる時がきそう」なペダルです。

今まで触ったオーバードライブとはちょっと違う独特な感触があるように感じました。
ギターボリュームの変化が独特な感じがしたんです。

フル10だと甘くて太い音。ギターボリュームをさげるとその太さみたいな、もやみたいなのがとれて、カラーンとチャキチャキな感じになる。
音量は下がるんですが、抜けてくる音になるんでカッティングにちょうどいい感じだなあと思いました。
逆に自分にとっては7、8あたりが一番好きな音かもしれません。
フル10あたりにして太くて甘いリードを弾くのもいいんですけどね。
ギターボリュームを下げた時に音量は下がるけど、カッティングが活きてくる音になるって言うのがプロに愛される理由かもしれない。
演奏中、ボリュームを調整してソロ、バッキングと使い分ける時にはすごい使いやすいじゃないかなと。

歪みはギターボリュームでそれほど変化はしません。それも逆に使いやすい理由かもしれません。
バンドで合わせてて、ギターの音をもうちょい上げようと思ったら、意図せず歪みも深くなったとか、
ちょっとギターの音がでかかったので音量下げたら、歪みもしょぼくなったとかありますもんね。
歪み具合が変化しないのは使いやすいかもしれない。

ゲインは0でまったくのクリーンなのでブースターとしても使えそう。
ですが歪み始めもゲインの早い段階で歪み始めます。クランチな幅がけっこうあるかなあ。
フルでそんな歪むって訳でもないですし。

違ったけどよい

ただフェンダーアンプって感じはしなかった。
微妙に感じはしましたけど。
そのへんは他のフェンダー系といわれるオーバードライブ、ブースターに感じるのと同じ。
なんとなく分かるけどもうちょっとだなーって感じです。
Menatone Dirty Blondeを弾いた時みたいに「これこれっ」って感じではない。
やっぱりそもそもブラックフェイスの音を知らないのが問題です。
世間一般にはJan Rayの方がフェンダーアンプライクなのかもしれないですからね。

というわけで求めてる音とはちょっと違ったけど、使ってみたいものではあります。
というか非常に使いやすそうでした。音も好みな感じではあるんですよね。

VEMURAM Jan Rayいいですよー。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

洗練された音とデザインWalrus Audio

もっと詳しく
Return Top