オン! ザ エフェクター

VALETON CORAL MOD 初心者にこそお勧めしたいマルチモジュレーション

最近小さいエフェクターが増えてきましたが、小さいだけで満足していませんか?
ここは”小さい”からさらに1歩ふみこんだ利用法を考えてみたいものです。

驚異の小ささ

VALETON CORAL MODは16種類のモジュレーション系エフェクトをこの小ささに凝縮したペダルです。
このVALETONというところは中国のメーカーのようです。出しているペダルはどれも低価格で超コンパクト。なかなか熟練した技術者を抱えているところのようです。いろいろ出していますがディレイ、リバーブもこの小ささでそれぞれ11種類ほどのタイプが選べるようになってます。

マルチよりも使いやすい

そうです。この辺を組み合わせて使えば簡単なマルチになるんじゃないかなと。普通のマルチよりも小さくなると思うので利便性は最高です。

なにより簡単です。使うエフェクトがみればそのまま分かって画面で設定するマルチより、随分簡単になると思います。

反面、デメリットしては選べる音の種類が少なくなるのと、いろいろな組み合わせはできないってところです。

初心者におすすめ

よくマルチエフェクターはエフェクターを使ったことがない、どの種類がどんな音がするのかが分からない初心者の人に勧めているのをみます。
しかし、昨今高機能化が進んだマルチエフェクターは結構設定が難しかったりします。
そう考えると初心者のうちに持っておくのはこういう単純で音が選びやすいペダルかなあと思ったりします。

上級者もこんな使い方

また、マルチエフェクターの使い方として「この曲やっぱりフェイザーが合いそうだけど、こないだ売っちゃってないんだよなー」っていうときに使ったりとかあると思うんですが、こういう時は断然
CORAL MODですね。音を選ぶスピードが違います。

ディレイ、リバーブはまた別にしておいてもこのモジュレーションというのはどの種類をどこに使うか迷う物でもありますし。

音を作り込んで実践で使うにはこころもとないかも知れませんが、エフェクターってどんなんだろうっていう初心者や、もう何種類もボードに組めないけどいざというときのためにとりあえず1台持っておきたい場合にはマルチよりこのタイプかなと思います。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

洗練された音とデザインWalrus Audio

もっと詳しく
Return Top