オン! ザ エフェクター

Digitech TRIO “Band Creater” 1人でもバンドができる

1人なのにバンド!? ひとり焼肉にも匹敵するほどのインパクトです。これはすごい。技術もすごいけど何より発想がすごい。

ギターを弾いたらそれに自動的にベースとドラムをつけてしまうという。

ひとり焼肉は、できますけどどうしても若干の抵抗感があってしまいますが、このひとりバンドはなんのためらいもなくやってみたい。
いますぐにでもやりたいですね。

バンドを組みたいけど友達がいない僕への当てつけなのか、もうバンドやるなんてだせーよってことなのか。
いろいろ考えてしまいますが、よくよく見ると以外とまともな商品だったりします。

海外では既に話題のようでレビューやデモ演奏が多数アップされてます。評価も高いようですね。

どーなってるの

1ループコード弾き演奏したものを記憶してそれに合うベースとドラムを出してくれるという、やっぱりすごいですねこれ。
ジャンルやリズムを選ぶことができるのが肝でしょうか。
サンプル映像を見てもらうとよくわかるのですが、ちゃんと展開を読んでドラムが合いの手を入れてるのがすごいですね。
その辺のドラムさんより気が利いてていいかも(おっと失言)

3パターン記憶してそれをさらにフットペダルをつけて切り替えられる。
リズムやジャンルもフットペダルを使えば演奏中に切り替えられるみたいです。

演奏に合わせてリズムパターンを出すのはあったような気がしますが、ベースラインを出してくれるのはすごいですね。

こんな使い方が

もちろん一番の使い道は自宅練習用でしょうが、デモ作りにいいんじゃないかと思います。特に作り込まない派の人には。
ギタージャカジャカ弾きいては歌ってるだけのデモを作ってた人も、これさえあれば立派なバンドデモテープの出来上がりです。
サンプルのループを探す必要すらありません。
ラフなデモテープを作る人にはホントに助かると思います。一生懸命ベースやドラムのパートを作っていれていっても、完全に無視されて悲しい思いをするってこともありません。

でも一番期待したいのが、これでバンドコンテストにひとりで出場する強者が表れることです。
なんてったって「Band Creater」ですからね。
即興で色々変化をつけたり、他のルーパーと組み合わせたり、極めるとすごい使い方ができるかもしれません。

最後にこれを持ってひとりでスタジオに入って、ひとりで盛り上がってる僕を見てもそっとしておいてください・・・。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

洗練された音とデザインWalrus Audio

もっと詳しく
Return Top