Singlur Sound Beat Buddy Mini 足で操作するドラムマシーンにコンパクトバージョンが

NAMM2016が華々しく開催され、
各社が新製品、新技術を次々と発表している中、
こんな物がひっそり発売されてました。

【メーカーお取り寄せ品】SINGLUR SOUND BeatBuddy Mini

【メーカーお取り寄せ品】SINGLUR SOUND BeatBuddy Mini
価格:21,600円(税込、送料別)

まあまったくの新製品ってわけで。はなく、
ミニ版なのですが。
Singlur Sound Beat Buddy Mini

足で操作するドラムマシン。
ドラムマシンに合わせながらギターを弾きながら、
そのドラムマシンを操作できるという
Beat Buddy。

SINGLUR SOUND / BeatBuddy【御茶ノ水本店】

SINGLUR SOUND / BeatBuddy【御茶ノ水本店】
価格:39,960円(税込、送料込)

ルーパーとかマルチにドラムマシンが入ってるのがありますが、
そういうのは1度設定すると演奏中は変えられないものです。

演奏中にフレキシブルに変更できるっていうと
DigiTechのTrioが思い浮かびますが
あれは勝手に合わせてくれるんでしたね。
フィルとかは入れれたような気がしますが。
ベースも入ってるし。

Beat Buddyはドラムだけですし、
どちらかというと足で演奏するのに近い感覚じゃないでしょうか

もともとは練習用アイテムだと思いますが。
Mini版になって機能をシンプルにして、形をコンパクトに、
つまりはライブ仕様ってことでしょうか。

しかし、このBeatBuddyを使ってライブでドラムパートを足で操作するって・・・

ひとりバンド状態。

サウンドが驚くほどリアルなので、ドラムがいるような臨場感はハンパないと思います。
練習で使うとかなりテンション上がるんじゃないでしょうか。
あとは弾き語りのバックで味気ないドラムマシンを流してた替わりに使うと
かなりいいと思います。

ノーマル版でも充分コンパクトでありながら機能的にいろいろできちゃうんですが、
さらにコンパクトなミニ版で、機能はたしかに一部制限されますが、
その分直感ですぐ使えてボードの省スペース化にも貢献するという。

どっちにするか迷っちゃいますね。

ノーマル版とミニ版の機能比較はこちらで・・・

見た目がなんとなくファミコン(ゲームボーイ?)っぽいのもポイント高し!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

  • 人気の記事
  • Recommend
  • カテゴリー
Return Top