オン! ザ エフェクター

Tech 21 SANS AMP BASSDRIVER DI V2ベースプリアンプのド定番ペダルが22年ぶりリニューアル。

ベーシストにとって定番中の定番プリアンプTech21 SANS AMP BASS DRIVER DI が約20年ぶりにリニューアル。V2になって新登場です。何が変わったのでしょうか。

一番の変更点はMidコントロールの追加。500Hzと1000Hzから選択できます。Bassも40Hzと80Hzから選べるようになりました。

他、大きく変わったところはなさそうです。ルックスも相変わらず。ツマミがちょっとだけ増えてる。あとスライド式スイッチだったのがボタン式になったりしてます。

入出力端子も、インプット、アウトプット、パラアウト、XLRアウトと変わらず。

本来のプリアンプとしての使い方だけでなく、オーバードライブ/ブースター的に使っている人も多い。独特のゴリゴリな音色はロックではかかせません。
※逆に暖かみのある音にするには、例えばこんなプリアンプ➡One Control Crimson Red Bass Preampの記事

SANS AMPはTech21を代表するペダル。他にもアナログシミュレーターペダルを数多く出していますが、やっぱりサンズアンプにとどめを差します。ギター版サンズアンプもありますが、余り使用している人を見ないですね。やはりべーすだな。

発売日は7月下旬ごろ予定。プロからアマまで使用している人の多いモデルなので注目が集まりそうです。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

洗練された音とデザインWalrus Audio

もっと詳しく
Return Top