オン! ザ エフェクター

Hungry Robot Pedals Starlite タップテンポできる幻想的な音のリバーブ

Hungry Robot Pedalsは2012年設立、2014年から本格的に販売を開始したできたてのブランドです。
できたてながらも意欲的で独創的なペダルをラインアップしています。

現在のラインアップは
Hungry Robot (オーバードライブ)
Moby Dick(ディレイ)
Starlite(リバーブ)
Stargazer(リバーブ)
Littlegazer(リバーブ)

の5つ
ネーミングのセンスがなかなかよいですね。

まずはリバーブペダルでタップテンポという、他に見ない機能を搭載した
Starliteから

デザイン・イラスト

真っ先に目に付く特徴として、ちょっとゆるいイラストを使用したデザイン性だと思います。
日本の正規代理店としてナインボルトさんが担当しているのですが、
そのナインボルトさんとこのブランド、Ninevolt Pedalsもそのゆるいイラストが特徴です。
類は友を呼ぶではないですが、なにか近いものを感じるんでしょうか。

こういうペダルが増えるのは楽しくていいですね。

このブランドのペダルはリバーブが2種類(正確には3種類)あって、
そのどちらもが機能だけでなく音にも独特のこだわりをみせています。

タップテンポ付きのリバーブ

Hungry Robot Pedals Starliteの最大の特徴はタップテンポです。
製作の順番としてはStargazerの方が先なのでしょうか。
そこで確立した幻想的なリバーブの音色をさらに推し進めるペダルになっています。
タップテンポで操作可能なのはStarliteの特徴でもある独特のモジュレーション。
このモジュレーションによって、より幻想的な音空間を作れるようです。

コントロール関係

コントロールは
・Mix リバーブとドライとの混ざり具合を調整
・Decay リバーブの長さ、強さを設定。高く設定すれば発振するそうです。
・Moduration モジュレーションの強さを設定。0にして全くかからなくもできるそうです。

内部トリムはDecayの可変幅を変更するもののようですね。

また、タップテンポは外部タップテンポ端子を利用してリモートでき、他のペダルなどとの同期も図れるようです。

独特の音世界に期待

本来、室内の残響音をシミュレートするリバーブでありながら、Starという名前を冠して宇宙空間のような幻想的なリバーブということ表現しているのだと思います。
機能も面白そうですし、なによりもそのこだわりがつまっていそうな音が期待できますね。

→続いてHungry Robot Pedalsのその他のペダルも見ていきます

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

洗練された音とデザインWalrus Audio

もっと詳しく
Return Top