オン! ザ エフェクター

苦手なMarshallを使いこなす

という訳でマーシャルアンプとの格闘の日々が続いている訳ですが、ちょっとずつ分かったような気がします。
そんなこんなで気づいた点を少々…

座って(あぐらをかく)音調整

アンプの前に立った時、ギタリストの耳の位置は上の方にあります。
なのでアンプの正面からまっすぐ飛んでる音とは違う感じに聞こえています。

それに気づいたのはとあるライブに出た時に他のバンドのリハを聞いていたときです。
Marshallのアンプを使っている人はすべからく耳に痛い高音がつんざく音をさせてました。その時のスピーカーの位置がステージがちょっと高くて観客の耳のちょうど正面あたりだったんです。

つまり、真正面で聴く音とギタリストが立っている位置で聞く音が結構違うって事ですね。
気持ちよく弾いてると知らず知らずのうちに聴いてる人の耳を切り裂いていたってことになりかねません。

そのためにも座って真正面の音も確認した方がいいと思います。

MarshallってやっぱりRock向き!?

リハなどで座って確認するのはいいとして、演奏中はおそらくできない人の方が多いと思います。
座らない以外でどうすればいいか考えると、できるだけアンプから離れるというしかないかなと思います。
そうなると今参加してるEWFのコピーバンドみたいな大所帯(10人ぐらい)のバンドの場合無理がでてきます。
いつもスタジオではアンプの前に張り付いてますからね。
せいぜい3、4人くらいのギターの音が大きいのが売りっていうバンドじゃないと活かせないのかなという気がします。
せまいライブハウスでも難しいでしょうね。
そんなこんな考えるとやっぱりMarshallってロックむきかなあと思ったりします。

使いこなすコツ

そんな苦境にもめげず、マーシャルでEWFのコピーバンドをやっているわけですが、こんなRock向きですぐに歪んでお客さんの耳をつんざくアンプでも自分なりの使い方というのを試行錯誤してきました。

歪ませず、高音をキンキンさせないこつとして僕がやっているのはギター側のVolとToneを思いっきり下げることです。
こうすればハイゲイン側のチャンネルでも歪みません。しかもハイゲインの方がちょっといなたい箱鳴り感があるのでいい感じなんです。個人的に。
キンキンいう問題はギター側のトーンを絞ることでだいぶ解消されます。

それでもやっぱり残るのは

アンプの前に張り付き問題ですね。バンドの人数が多いがためにアンプと距離を取るのが不可能。
そうなると自分の音が聞こえずらくなるんですね。他の人には結構大きく聞こえているのに自分にとっては小さい。
バンドの特性上ギターの音を大きくするわけにはいかないし。
コンボアンプだと斜めにするとか、台の上にのせるとか方法があるんですけどね。

あとソウル系のバンドで、あの見た目っていうのもちょっと問題かなやっぱり。

とかなんとか悪戦苦闘してますが、今はこの本を読んで勉強してます。

「リハスタ定番アンプ100%使いこなしガイド(音源付)/リットーミュージック」

参考の設定値がいろいろ載ってるんですが、それを元に自分にあう設定を探してます。
今までみたいにめくらめっぽうにいじるんじゃなく、アンプについて知った上でなので
なんか自分がワンランク上に上がった気がします。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

洗練された音とデザインWalrus Audio

もっと詳しく
Return Top