オン! ザ エフェクター

いまさらアンプの重要性に気づく

一時期、ものすごくエフェクターにはまってまして。
その時はもういっさいアンプは無視してオーバードライブやブースターで音を作ろうとしてました。

なぜアンプを無視したのか

エフェクターに目がくらんでたっていうこともあるんですが、マイアンプを持ってないのでスタジオやライブでいつもアンプが違うという問題がありました。
アンプを買えばいいんじゃないかという意見もありますが、車を持ってないので買っても運ぶことができません。
しかしそういうことは実は建前でそのころどんどん発売される魅力的なオーバードライブ達に物欲があふれかえってたんですね。
当時は認めたくなかったんですが。
そんなこんなでブースターやプリアンプで音を作って、毎回変わるアンプに対処しようと思ってました。
そのほうが安あがりだと思ってましたし。

やっぱりアンプは大事だ

アンプ代わりになるエフェクター探しは、MenatoneのDirty Blondeという自分にとってフェンダーアンプに近いクリーントーンが作れるオーバードライブとの出会いで一応の解決をみるわけですが、それでもやっぱり問題が残りました。
やっぱりアンプが違うとその都度設定が必要なわけです。
そんな中で基本の音はアンプで作るものだということにやっと気づくわけです。

肝はMarshall

まあだいたいスタジオやライブハウスのアンプって決まってます。JCとMarshallです。
JCはさすがの安定感でどこでもだいたい一緒ですが、問題はMarshallです。
結構スタジオによってバラつきがありますからねー。
最近やってるコピーバンドはギター2人で、ソウル系という性質上相手方はどうしてもJCになるんです。
で、Marshallを使用することが多くなったんですが、なんとか使っていくうちに歪ますしかないと思ってたMarshallもクリーンの作り方が分かってきましたし、やっぱり真空管はいいもんだなあって思うようになってきました。

エフェクターも大事だけどアンプも大事。根本的なことですが今改めてかみしめてます。

しかも今はこういう便利な本もあるんで、こういうのも参考にしながらアンプ道を極めていきたいと思います。

「リハスタ定番アンプ100%使いこなしガイド(音源付)/リットーミュージック」

出したい音別参考設定とか載ってるんで非常に助かります。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

洗練された音とデザインWalrus Audio

もっと詳しく
Return Top