オン! ザ エフェクター

Orange BAX BANGEETAR Guitar Pre-EQ オレンジから待望のギタープリアンプ登場

初ではなく久々のエフェクターみたいですね。
イギリスのアンプメーカー、Orangeからなにやらごつそうなギタープリアンプが発売されるようです。

Orange BAX BANGEETAR Guitar Pre-EQです。
バックス バンジーターとでも読むのでしょうか。
よく見るとかわいらしいイラストが描いてあったりして、そのアンバランスさがよく分からないですが、
そこがOrangeらしいといえばらしい。
色は黒と白の2種類。トレードマークのオレンジ色がつまみだけと控えめ。しかもオレンジというより赤?
しかもこのごつさ。
Orange好きの人にとってはその辺も気になるのではないでしょうか。

ニッチなプリアンプ

とはいえ、アンプメーカーのプリアンプですから、音に関しては、かなり期待できるとおもいます。

しかも今までギターのプリアンプといえば、ハードロックな印象のアンプメーカーのしか思い付かないので非常に喜ばしいです。

Orangeは小型アンプ(Tiny Terror)もいいの出してましたからね。すっかりプリアンプも出してるもんだと思ってました。
Orange BAX BANGEETAR Guitar Pre-EQはオレンジらしさを残しつつハイゲインまで対応しているらしくクリーンブーストからディストーションまでカバーできそうですね。

操作性

つまみはVol、Gain、そしてTop、Bottom、Mid、Q、Feq、と
ミッドのみパラメトリックになっているEQ。フットスイッチがオンオフとブースト。
ギタリストにとって一番気になる中域がいじれるのは嬉しいですね。

第2の出力としてキャビネットシミュを搭載。Orange 4×12”キャビネットのマイク録りを再現した回路を通してライン出力できます。
いやープリアンプっぽくていいですね。

探してた人はいるはず

Orangeを模したオーバードライブも出てましたが、
Orange BAX BANGEETAR Guitar Pre-EQはまさに真打ち登場って感じです。
ギター用のプリアンプって少ないですし、オレンジ・フェンダー系(なぜかひとくくり)のプリアンプってなかったので、
上手くプリアンプに飢えた人々の心に突き刺さるんじゃないでしょうか。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

洗練された音とデザインWalrus Audio

もっと詳しく
Return Top