オン! ザ エフェクター

One Control Sea Turquoise Delay 待望のBJF監修新作は1年かけて理想の音を求めたディレイ

One Controlから新作ペダルがアナウンスされました。
かねてからの噂通り、今回もby BJF。
その名もSea Turquoise Delay。

今回はディレイですね。
アナログライクなデジタルディレイ?
でもないようですね。
デジタルのクリーンなサウンドでありながら
ビンテージエコーのような響き・・・

そして徐々に音質劣化をみせるなどアナログな反応をみせる。
説明が難しそうですが、そもそもいままでにないディレイを狙っているようです。

管理人がディレイ音痴なのであれですが、
これはプレイヤーの多くが求めるサウンドになっているのでは?
と考えてしまします。

もちろんサイズはいつものワンコンサイズ。
発売は2016年1月予定。

Turquoiseはトルコ石のことですが、
青緑っぽい色の名前で使われたりします。
ワンコントロールのペダルはいつも色の名前がついています。
シー ターコイズなので深海って事でしょうか。
メーカーの説明にもありますしね。

開発に1年あまりかけたそうで、ビヨン・ユール、ワンコントロールともに
かなり強いこだわりを追い求めたようですね。

まだレビューなどの情報が出回ってないので
なんともいえませんが、ミュージシャンからの圧倒的支持を受ける
BJF氏とOne Controlの最強タッグですから期待せずにはいられません。

原音をカットするキルドライとかあるらしいし、ちょっと変態系かなあとか、
発振はどうなんだろうとか想像が膨らみますね。

これから情報が小出しにされていくんでしょうが、
もどかしつつも楽しみであったりします。


これぞディレイといった感じ。
フィードバックも含めディレイに求めることが過不足なくできる感じ。

途中のDelay(タイム)をいじって発振寸前まで持っていくプレイはかっこいいですね。
One Controlのペダルをよくレビューしている方ですが、
この人が弾いてるとどれもよさそうに見えますね。

イメージしたものが出てくるのは道具としてありがたいです。
しかもこんなにコンパクトで。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

洗練された音とデザインWalrus Audio

もっと詳しく
Return Top