オン! ザ エフェクター

One Control Little Green Emphaser レア度MAXなBJFEのブースターが本人設計で復活

One Controlの隠し球はこちらでしたか。
BJF(ビヨン ユール)氏がBJFE時代にDyna Red Distortionの100番と200番に特典としてつけた、
まさにレア中のレアなブースターがBJF本人の手により、量産型として復活するようです。
2016年1月中旬発売予定。

能書きはさておき、気になるのは中身です。
このLittle Green Emphaserは基本、歪みペダルと組み合わせて使うブースターのようです。
DRDの特典だったこともありディストーションとの相性が抜群のようですね。
やはりDyna Red Distortion、OneControlだとAnodized Brown Distortionになるのでしょうか。
その効果は唯一のツマミ、Blendで調整することで、そのディストーションサウンドを立体感のあるリッチなテイストにしたり、
重心のどっしりしたモダンアンプサウンドにしたりできるようです。
もちろんオーバードライブサウンドや、低音サウンド、はてはベースまで使用可能とのこと。
音の秘密はトレブルとベースの絶妙な調整にあるようで、他のブースターとは違い、
ただ音量をあげるとかとは違う音そのものの存在感が増す効果があるようですね。
使い方としてはやはり、ソロとバッキングの使い分けでしょうか。

メーカによる解説→

管理人は密かにこのブースターをクリーントーンに絡めてやろうと目論んでます。
メーカーサイドの説明ではあくまで歪みに組み合わせる前提ですが。
同じくOneControlのきらびやか系(らしい)Purple Hamperの印象とは逆に、期待してない分、もしかしたらいいんじゃないかなあと。(結局期待してる)


※動画が追加されました。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

洗練された音とデザインWalrus Audio

もっと詳しく
Return Top