One Control Strawberry Red Overdrive 素直だけどよく歪む様はいちごの甘酸っぱさに・・・

この前行ってきた試奏の旅、実は本命がこのOne Control Strawberry Red Overdriveと
Perple Humperでした。

本命第1位!!

BJF氏の手がけるペダルがお得な価格で買える。しかも小さい。ということで注目はしていました。
レビューとかをみても評価も高いですし、今回オーバードライブを物色するにあたって、
ダントツの本命第一位だったのです。
まあ、どちらかというとこのラインナップの中ではAnodized Brown Distortionの評価がべらぼうに高く、Strawberry Red Overdriveは評価が高いとはいえ、そこまででもなく、Perple Humperにいたってはレビューとかもあまり見かけない始末。
しかし今探しているのはオーバードライブですし、そもそもディストーションは使う機会がおそらくない。

Sweet Honey Overdriveの幻影

BJF氏に注目したというのもMadprofessor Sweet Honey Overdriveの評価が高く、レビューなどを見ても自分の求める物に近い印象をうけていたからで、そのBJF氏の手がけるオーバードライブが手に入れやすくなってる、これは試しに行かねばならぬと考えたわけです。

それで試奏しに行ったわけですが、その前にたまたまSweet Honey Overdriveの中古をみつけ、
まだ実際に弾いたことがなかったので比較用に弾いてみたところ、ミイラ取りがミイラになったのは前に書いたとおりです。

行った楽器屋さんが前にもP-90のギターを出してくれたところだったので、今回もお願いしてみるとSugizoモデルでよければということで出してくれました。それとアンプはJCです。

なぜその二つかというと単純に二つ以上出してもらうのに、まだためらいがあるからです。
ホントはAnodized Brown DistortionもPersian Green Screamerも試してみたかったのですがそれは次の機会に・・・

甘酸っぱくおいしいいちご

まずはStrawberry Red Overdriveです。
最初にいうとSweet Honey Overdriveとは全く違います。
そもそもどこにもそんなことは書いてないので、期待していたのは僕だけだったとは思うんですが。
音の印象としては名前の通りです。BJFは色にからめた印象的な名前をペダルにつけますが、
このStrawberry Redもいちごのような爽やかさ、すっきり感がありなおかつ情熱的です。
歪みは十分歪むんですが、暴れすぎず甘酸っぱい感じかな(ちょっと強引)
ボリュームの反応やピッキングの反応はいいです。歪みがすっと消えるし、変化もつきます。
もともとのギターとアンプの音に色をつけずに素直に歪むオーバードライブという印象でした。

そもそもが癖のある色をつけてくれるオーバードライブを探していたので、
自分の求める物とは異なりましたが、この小ささ、価格に対して非常にハイクオリティに感じました。
すでに自分の音という物を持っているギタリストにとっては強い味方になってくれると思います。
あとブースター的な使い方も面白いと思います。試してはいませんが。

見た目もいいですしね。所有欲をかきたてられます。かき立てられますがここはぐっとがまん。

・こちらは新品⇒One Control Strawberry Red Over Drive

ちょっと長くなりすぎたので、Purple Humperは次の記事に・・・

理想のオーバードライブを探す旅 in 2015 summer
Episode1
Episode2 ←前の記事(結論編)
Episode3
Episode4 →次の記事

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

  • 人気の記事
  • Recommend
  • カテゴリー
Return Top