Ninevolt Pedals FISHING IS AS FUN AS FUZZ コンセプトはCivil War期のBig Muff

というわけで、ナインボルトさんのオリジナルブランドNinevolt Pedals、コンプと同時にファズもリリースです。

初心者にも分かりやすくというのがコンセプトのこちらのブランド。(たぶんですよ)
そんなNinevolt PedalsがFuzzをリリースするにあたって、題材として選んだのはMuff。
その中でもCivil War期と呼ばれるもの。

まあこのご時世を鑑みるにMuffは当然の選択でしょう。
若者が憧れるようなバンドはほとんどがMuffですもんね。

その中でも、ディストーションからの流れでFuzzに入っていくことを意識しているんだと思います。
もちろん、ナインボルト独自のチューニングを加え、
扱いやすさを重視した内容になってるようです。

「突き刺さる轟音と音の壁」
ファズの醍醐味を堪能できる仕様に仕上げているみたいなので、
ファズに興味のある人は1度弾いてみるとよいと思います。

この値段なので買ってしまって使いこなしてファズへの理解を深めるっていうこともできそうですね。

注目のイラストはFISHING IS AS FUN AS FUZZということで釣りをするクマ。
ずいぶんのどかな感じです。
シビル ウォーというちょっと張り詰めた感じとはまた違う。
でもオーバードライブがサーフィンしてましたからそれよりも穏やかですね。

いや

「ファズのようにたのしい釣り」
ですから、釣りが激しいのかも。

実際のところはサステインが続く様を釣りにたとえているらしいですが。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

  • 人気の記事
  • Recommend
  • カテゴリー
Return Top