Mooer The Wahter オンオフが便利な極小ワウの極み

Chi wa wahから始まったと思われる小さいWahムーブメントですが、ここに来て立て続けにリリースされております。

⇒小さいワウ集めて特集してみました

もはや小さくなければワウじゃないみたいな。ちょっと言い過ぎですが。

読み違い

これ名前に注意が必要です。管理人は字面からWeather Wahかと思ってしまいました。
あれ、違うとなって次はWather Wah。これも検索でほとんどヒットしてきません。よくみたらWahterでした。
ウェザーワウでもなく、ワザーワウでもなく、ワウターです。
ついでにメーカーのムーアもMooreではなくMooerなので間違いなきよう。
英語に弱い管理人ならではの勘違いでした。

小さいワウ

この小ささは驚異的ですね。
しかも持ち手みたいなのがあって使用しない時にそれを折りたたむとさらに小さくなると言う徹底ぶり。
ここんとこHotoneのSoulpress、本家クライベイビーのCrybaby miniと小さいワウのリリースが続いていますが、
Wahterは小ささでいうと最強でしょう。

特徴

音は・・・動画を見てもらうとして。(・・・)
Wahterの特徴はなんといってもその独特なオンオフシステム。
独特というか、今までのワウのオンオフのいいとこどりですね。
3つのモードが選べるようになっていて

1、足を置く、話すだけで自動でオンオフが切り替わるセンサーモード
2、踏む面の黒いタッチセンサーを2回タップすることでオンオフが切り替わるホールドモード
3、センサーモードとホールドモードを演奏中に切り替えられるアドバンストモード

1のセンサーモードは昨今のワウによくあるやつで、オンにし忘れ、オフにし忘れが防げます。
2のホールドモードは昔からのワウにあるオンオフと感覚的に近いモードですね。
センサーモードのようなオンオフは確かに便利ではあるんですが、
昔からのワウを使ってきた人にとっては若干とまどうところがあります。
(すくなくとも管理人はそうでした)
便利だけど慣れてるオンオフのほうがいいよー、という声があったのかもしれないですね。
両方あると自分が使いやすい方が選択できて便利です。

しかし、3のアドバンストモードはちょっと理解に苦しみます。演奏中(または曲間)に切り替えれるといっても
今どのモードやったっけーとなって余計に混乱しそうな気がします。

まあ管理人は古い人間なんでLEDがついてるだけでもありがたいんでけどね。

とにかく選べると言うことでオンオフが便利なのは違いないです。
そして小ささを極めたMooer The Wahterは要注目でしょう。

まずは試奏ですね。小さいワウはなによりも使い心地の確認が重要です。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top