オン! ザ エフェクター

Mojo Hand Fx BMP-2 ロシアンマフの重戦車再び

みんなマフ大好きですね。(この文章本来の意味だとえらいことになりますが・・・人間(男)の本質ではありますけど)

マフぞくぞく

マフ系の新商品が次から次へと発売されています。
ここ1ヶ月ぐらいでも、Blackcat BC-73、OnecontrolのBaltic Blue Fuzzなど、すぐに2つ3つ思い浮かびます。

それもこれもBig Muffが時代によって大きく性格が異なり、それぞれにファンがいるっていうことになると思うのですが、では今回のBMP-2はというと見て分かるとおり、ロシア期のマフの再現を目指してます。その中でも最初期のトールフォントと呼ばれるアーミーグリーンのマフがターゲット。

まずはこのイラストでしょ

しかし、このmuff感のまったくないデザインはどうなんでしょ。
せめて緑にすればいいのにと思いますが、このセンス管理人は嫌いじゃありません。
いまや世界遺産クラスの旧ソ連全開イラストがたまらなく右脳を刺激します。
しかし、エフェクターでソ連ぽいのを見ると「あっマフ」って思ってしまうほど、ソ連(ロシア)=マフというのが浸透しているってことですね。

このBMP-2の前に250台限定でBMP-1というモデルを出していたらしいのですが、
今回はそれの量産版らしいです。

BMP-1は見た目が緑に星に戦車でMuff感でてるし、かっこいいです。
ここまで見た目かえますかって感じです。
しかし繰り返し言うようですが、管理人はこのセンス嫌いじゃありません。
ちなみにBMP-1、BMP-2っていうのはソ連の歩兵戦車だそうです。
アーミー感の出るネーミングですね。

期待していいと思います

Mojo HandってあんまりBig Muffのイメージがなかったんですが、やっぱりみんな好きなんですね。
BMP-1のときのレビューなどをみると、低音の出方がマフらしさが評価されています。
今回のBMP-2はどうでしょうか。
まあ部品など多少の変更はあっても、大筋は変わってないでしょうし、一応BMP-1→BMP-2と戦車の方は進化していますからね。
ペダルの方も期待したいところです。

注)動画はBMP-1です!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

洗練された音とデザインWalrus Audio

もっと詳しく
Return Top