Moen Pedal Bridge Jr すのこペダルボード界の伏兵

そう、ここにもすのこ型ペダルボードありましたね。
Moen Pedal Bridge です。

Moenは今をときめく中国のエフェクターブランド。
マオンと読むそうです。
他の中華系とは違い、安く小さくという感じではなさそう。
スイッチャーが中心というのもなかなか技術的なところを感じさせます。

他のすのこと違うのは組み立て式ということ。
組み立て式のメリットは・・・
家に届いた時がコンパクトなところかな・・

あとは軽さ。
これは同じくアルミを使用したPalmerのPedalbayと同じぐらいかな。

というわけでPedalbayの完全なライバルなわけなんですが。

・バーにすでにベルクロ付き。さらにはエフェクター用のベルクロも付属。
・専用ソフトケース付
・底面にパワーサプライ設置可能

とまあ、pedalbayに似た感じです。
唯一、最小サイズで横に4、5個並べれるサイズのPedal Bridge juniorでも
底面にパワーサプライ設置可能というのがライバルに一歩ぬきんでてる感じですね。
(同等サイズのPedal Bay 50S、PedalTrain Nano+は設置不可)

Palmer Pedal Bayについてはこちら
Pedal Trainについてはこちら

決定的な欠点はというと供給不足なところです。
2015年11月116日現在、先ほどでてきた4、5個横に並べるサイズのPedal Bridge jr
ぐらいしか日本国内では流通していません。

で、比較ができるので言っとくとその同等サイズPedal Bay 50Sよりもお値段高めです。

Pedal Bridgeにエフェクターを設置していく様子。
(これはジュニアではなく2かな)

MOEN Pedal Bridgeを楽天市場で扱っているお店は

というわけなんですが、とりあえずPedal Bay、Pedal Trainの最小サイズで
パワーサプライを設置できないことに憤りを感じていた人は
要注目ではないでしょうか。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

  • 人気の記事
  • Recommend
  • カテゴリー
Return Top