オン! ザ エフェクター

モディファイに未来はあるか

去年の事件

最近、ちょっと目を離していたすきに、エフェクターの産地偽装とも言うべき問題が発生したようですね。
去年の話ですが、アメリカのVertexのAXIS WAHがBBEのBen Wahのケースを変えただけで中身が一緒だったという問題。
AXIS WAHが5万でBenが1万かあ。うーん。Benももう販売しているのが見当たらないですが、2万ぐらいにはなってたみたいです。
この事件の問題点はマイケル ランドゥやスコット ヘンダーソンなんかの有名ミュージシャンのシグネイチャーモデルや後押しがあったってところ。彼らの太鼓判があったわけですからね。
(事件の詳細はここがとても詳しく書いてくれてます。返金に対応しますって言うランドゥの姿勢には好感がもてました。)

国内でも

で、今度は海を越えた日本でも発生したみたいです。WAXXというメーカーにモディファイを依頼したけど、ほとんどいじってないんじゃないかというもの。それとWAXXが製造を担当し、イシバシ楽器が自社ブランド、Pedalogicとして販売しているbuff4というクリーンブースター・バッファーがタッキーエンジニアリングのSuper Mos Boostに酷似しているというもの。
(こちらもここで詳しく経緯が書かれています。)

これらの件を通じて思うのは、消費者自身がしっかり情報を集めて自衛するというのと、後は販売店なり後押しするミュージシャンなりにはしっかり吟味してもらいたいというもの。
まあミュージシャンにとっちゃあ、そんな中国のブランド知らねーよってなると思いますけど、販売店はねえ。専門家なんだから知ってて欲しいとは思います。こうなるとここに置いてあるエフェクターって大丈夫なの?値段の付け方は?ってなっちゃいますよね。

個人的にもモディファイものは何個か持っていて、モディファイものの評価って難しいなあと思っていた矢先だったので、何かと身につまされますが、自分がレビューした機種に何も起こらないことを祈ります。

今後の期待

先程のブログにも書かれていたのですが、モディファイ業界、エフェクター業界には盛り上がっていて欲しいので、ちゃんとしたところとそうでないところをしっかり見極めて、ちゃんとしたところが正当に評価されるように判断していかないといけないと思います。そのためには販売店にはもっとしっかりしてほしい。

各店に機材オタクを常駐させといてください!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

洗練された音とデザインWalrus Audio

もっと詳しく
Return Top