オン! ザ エフェクター

Mad Professor Golden Cello 隠れ名機の素質充分のオーバードライブ+ディレイ

これ、まだ出てなかったのか。
正規輸入品で初上陸ということかな。

北欧といえば高性能、の代表格フィンランドのMad Professorから何やら格式ありげなオーバードライブGolden Celloです。
なんとチェロなど弦楽器風(元々弦楽器ですが)にするもの。
確かにチェロとかの音って、一瞬ギターかなって思う時があります。
それも歪ませた音。

で、それにディレイをつけて箱鳴り感を演出したって感じですかね。

うん、これはなかなか目のつけどころがいいなと思ったんですが、
そもそもギターでチェロみたいな音を出そうとしている人がいるのかっていう。

動画を見るかぎりではあんまり目的を達成してないような。。。
まあ、それよりはスムースな歪み+ディレイって考えた方がいいかもしれませんね。
歪みに関して言うとエリック ジョンソン風っていう人がいましたが、確かにそんな感じ。
ディストーションというよりは毛羽だったちょっとファズ寄り。
ファズフェイスというか。

この音は求めている人が多いのか、
動画の数がなぜか多いです。

ちなみにMad Professorでオーバードライブ+ディレイといえば、すでにBluebird Overdrive Delayがありますが、そもそも歪みの質が違います。

表に出てるツマミがVolumeとToneとDriveとDelay。
あれっディレイの微調整ができない。
って思ってると蓋を開けると中にRepeat、Length、Volumeとトリムポットがあるのでご安心を。
ちょっと面倒くさいですが。

気がつくと歪ませる時はいつもディレイをかけてるっていう人には便利ですね。
2回踏むところが1回ですむという。

設定次第ではホントにチェロっぽくなるのか試してみたい。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

洗練された音とデザインWalrus Audio

もっと詳しく
Return Top