オン! ザ エフェクター

Mad Professor Sweet Honey Overdrive 今頃試奏しました

今さらながら、試してきました。ほんと今さらですね。

なぜ今?

つやっとしたオーバードライブを探していたんですよ。
普段カッティングがメインですが、たまにソロを弾くときがあって
その時変化をつけようと思って。

それは歪み量で差をつけるのじゃなく、からっとしたバッキングと
甘くつやつやなソロっていうメリハリをって考えたとき、
手持ちのオーバードライブじゃなんだか物足りなかったんで。

まあ真っ先に思いついたのはMadprofessorのSweet Honey Overdrive。
しかし高いんでそれは一旦おいといて、同じBJF氏のOnecontrolのとかいいかなあと思って。

OneControlのいいなあと思うのはこれです。→

あとこれもいまさらながらLeqtiqueのMaestro Antique Revisedが気になっていたところに
中古を発見したのでとりあえずそこの楽器屋さんにいったらSHODの中古も発見したと。
しかも後で発売された廉価版じゃないほう。

試奏してみた

というわけでSHODとMARを並べて試奏したわけです。

当然のことながら「どちらもいい」

SHODは思った通りですね。
甘くつやが出てピッキングで変化する、ソロに表情がつけやすい、
というかつけたくなくてもついちゃう。
和音引きでちょっとじゃまっていう意見もありましたが、
こういうものとして全然使えるんじゃないかと。
クールなカッティングには向いてないですけど。

今まで多分求めてるのはこれだろうなと思いながら、なぜかさけてきたSHOD。
他のペダルがよく見えて手伸ばしてるうちにそちらに届かなかったという。
ずいぶん回り道をしましたけど、ほんとこれですね。
他に類似のペダルも思いつかない。(いまのところ)

Focusというつまみが面白いですね。Toneのような効きですがそれよりはもっとゆるやかというか。
普通Toneって最大と最少あたりってやりすぎてて使えないけど、これは使える。
使い分けができる。

歪み量も全然なしから結構ハイゲインまでいってると思います。(自分的に)
で、どのポイントでもおいしいジューシーな成分がついてまわると。
まさにSweet Honeyですな。

関連記事→Mad Professor Sweet Honey Overdrive Deluxe TrebleとBassを追加したDumbleいやSupro系の人気OD

いいですこれ

それで、MARとの比較ですが、よく御存じの方はそんなもん比較するなよと
いうところでしょうが、それはとりあえずおいといてもらって、
うーんどちらもいいです。

いいんですが、やはり全然違うものです。
SHODが甘くどこまでもピッキングにくらいついてくる感じなのに対して、
MARはすっきりしゃっとして大人な感じ。ゲインが高くなるとおいしい感じが少なくなります。
なかなか聴いた印象を言葉にするのが難しいですが。
(ローを削るとか豊かなミッドレンジとかいう表現ができないもので)
MARの詳しいレポートはこちら→

意外な展開

しかしびっくりですよ。どちらも良すぎて。
SHODは理想の音だし、MARはやっぱりTS系の音って好きなんだなと再認識したし。
分かってはいたことなんですがね、どちらもいいていうのは。

結局、試奏して店をでて悩んでいるわけです。
もともとどちらかを買うつもり、もし気に入らなかったら今回はどちらも見送り
のつもりだったんですが。

ここにきて両方買うという選択肢がムラムラと湧いてきました。
それで決めきれなくてでてきました。
次はMARのレポートとともに最終どういう決断を下したか、
お伝えできると思います。

乞うご期待!!
次のレポートはこちら→Leqtique Maestro Antique Revised 今も驚きTS系最高峰の評価もまだ色あせず

理想のオーバードライブを探す旅 in 2015 summer
Episode1
Episode2 →次の記事(結論編)
Episode3
Episode4

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

洗練された音とデザインWalrus Audio

もっと詳しく
Return Top