オン! ザ エフェクター

VALETON Coral Looper TC Electronic Ditto Looperの対抗馬登場 小さいルーパーにする3つの理由

ワウもそうですが、最近ではなんでもかんでも小さくすればいいってもんじゃないですよね。

すでにこの大きさのルーパーはTC ElectronicがDitto Looperで実現しているわけですが、

ついに追随する者がでてきましたね。
もうここまで来ると驚きあきた感じもするんですが、やっぱり驚いちゃいます。
で、ついつい手がのびてしまうわけですが、ここでしっかり考えときましょう。

なぜ、小さいLooperにするかということを

1、エフェクターボードをあんまり巨大にしたくない時
2、ちょっと使ってみたい時
3、かわいい

3つあげてみました。
逆にデメリットを考えると

1、機能が制限される
2、操作が煩雑
3、性能的にもちょっと注意が必要(遅れるとか・・・)

とあまり良くないことばかりですが・・・
ルーパーってどんなもんだろうって、ちょっと使ってみたいっていう場合には最適だと思います。

あと、自宅練習用で考えた場合も、ミニサイズはちょっと適さないかもしれません。
家で小さくするメリットってあまりないですからね。
それならばもう少し扱いやすく、機能も充実している方がいいでしょう。

なんやかやといいましたが、それでも管理人はルーパーを使うなら小さい方がいいと考えています。

その理由をまた3つ

1、機能的な事がよく分からない
2、エフェクターボードをあまり大きくしたくない
3、それでもルーパーを使ってみたい

つまりは興味本位ですね。
実際つかってみたら、ああしたいこうしたいというのがでてもっと高性能のを欲しがるかもしれませんが、
今はとりあえずこっそりばれないようにボードに忍び込ませてバンドの人にばれないように使ってみたいと思ってます。

家で練習に使うのもとりあえずこんなんでいけるんじゃないかと。
扱いにくそうですけど。

ちょっと気になるのはお値段が思ったよりお安くないこと。
パイオニアであるDittoはしょうがないとして、VALETON、もっと安くなると思ったんですけど、
これからですかね。
それでもDiitoをボードに入れてるとばれるかもしれないから、VALETONかなあ。

動画はDittoです。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

洗練された音とデザインWalrus Audio

もっと詳しく
Return Top