オン! ザ エフェクター

Leqtique Rochechouart/Shun Nokina氏待望の新作はトランスペアレント系オーバードライブ

Maestro Antique Revised、Redemptionistなど、良質で低価格のペダルを次々とリリースするレクティークの新作の発売日が決定です。イケベ楽器では7/1に入荷する予定。他の楽器屋さんの情報では7/4だったんですけどね。

Leqtique Rochechouart 【7月1日入荷予定】
価格:15712円(税込、送料無料)

その名もLeqtique Rochechouart(ロシュシュアール)。通称ロッシュ。ロシュシュアールはフランスの地名っぽい。すでにAmazonや一部の楽器屋さんで予約開始してます。相変わらずの低価格ですねー。(だいたい15,000くらい)

わたくし、Maestro Antique Revisedを愛用してますので、Leqtiqueもしくは主宰するShun Nokina氏の新作となれば期待せざるを得ないのです。

Leqtique MARを愛用するに至った経緯はこちら➡

MARの箱鳴り感を、さらに進化させたようなサウンドに仕上がったとのこと。トランスペアレントなのに?

“透明感のある”、”トランスペアレントな”という言葉が踊ってますが、つまりはクリーンブースターにもなって、反応性もよくて、キラーンとした歪みってことですな。(個人的なイメージ)。Pual CochraneのTimmyとかかな。コンプレッションの少ないオーバードライブ。無駄な味付けをしないタイプで、おもしろみがないっちゃおもしろみがないんですが、アンプや基本の音をそのまま活かしたい場合には最適。モノによっては原音より音が引き締まったりします。

当サイトがとりあげた”トランスペアレント系”オーバードライブ

Electro-Harmonix Crayon

Walrus Audio Messer

Walrus Audio Mayflower

Vemuram Jan Ray

しかし、Leqtiqueって、高品位な部品を使いながらも安いですよね。それはやっぱりある程度の流通量を確保することで可能になったみたいですね。

それはShun Nokina氏がかつて主宰していたShun Nokina Designを終了して、Leqtiqueを始めた大きな動機だそうです。Shun Nokina Designの頃は3万以上してましたからね。その上、手にいれにくくてプレミアついてたりしてましたし。

モノがいいので中古も値段が下がらない。自分がMaestro antique revisedを買ったのは中古だったんですが、あんまり安くなかった。聞くところによるとLeqtiqueの製品は永久保証がついてるそうなので、そうなると新品買った方がいいですね。故障することもないですけど。

久しぶりのLeqtiqueの新作ということ、そしてこの価格なんで音を聴かず試奏せず、予約する人も多いでしょう。試奏は必要だと思うんですけどね。でも、うーん、どうしようかなー。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

洗練された音とデザインWalrus Audio

もっと詳しく
Return Top