オン! ザ エフェクター

JHS Superbolt 伝説のSuproアンプの再現を目指した良質オーバードライブ

不意に始まり、無事終焉を迎えたように思った「理想のオーバードライブを探す旅 in 2015 summer」ですが、ここにきてまたもや雲行きが怪しくなってきました。

今までの流れをまとめてみると

ソロを弾く曲があるので久しぶりにオーバードライブを探してみよう。

Onecontrolのミニペダルに狙いを定め、試奏に行く。

試奏に行った楽器屋さんで、中古でSweet Honey OverdriveとMaestro Antique Revised を見つけ参考程度に弾いてみる。

やられる

Onecontrolも弾いた上で、SHODとMARを大人買いする。

SHODがダンブル系ではなく、以前より憧れてたSupro系と知る

しかも、Suproを目指して作られたのはSHODの元になったHoney Bee Overdriveであって、SHODはちょっと違うらしい。

俄然HBODを含め、Supro系が気になる

うーん、前もこうやってどんどん拡がっていったんですよねー。
十分調べてたつもりだったんですけど、あとになって新事実が判明するという。

Honey Bee overdrive

Honey Bee Overdriveにも2種類あって、大元のBJFE版と公式クローンであるBearfoot版。BJFE版はバカ高い上にほとんど流通してないので、無視するとしてもBearfoot版でも大人買い直後なので痛いなあと思っていたら、他にもSupro系がありました。

Superboltを試奏する

JHSのSuperboltです。いやー前置きが長かった。
これでもちょっといたいですが、はやる心を押さえられず、試奏してきました。

あんまり行かない楽器やさんだったので遠慮してJCとストラトです。

弾いてみた印象ですが・・・
全体としてこれまた大人な感じです。
SHODほどの派手さがないというか。

いいのか悪いのか

どこかのレビューでみましたが、確かに歪みかたが独特というか。
クリーンが上澄みとしてあって歪みが沈澱しているというか。
歪んでないのに歪んでるという表現をされていましたが、自分の印象としては歪んでいるのは間違いない。
けどクリーンでもあるという。
この感じがまだるっこい人もいるでしょうが、管理人的にはクランチとして超上級だと思います。いいです。

ピッキングの反応というのはこの独特な歪みがついてくるかこないかといった感じの変わりかたをします。
これも弾いてて楽しい部分ですね。

ですが、気になったのがボリュームへの追随性。確かに歪みは減りますが、音量も落ちます。ゲインが高くなるとクリーンになるポイントも下がると。

でもこればっかりはバンドで合わせてみないとなんともいえません。
音量が小さくても抜ける音ってありますよね。

揺れる心

おそらくこの文章に表れてると思うのですが、管理人の心は揺れてます。
弾いた直後は物足りない印象を受けたのですが、あの歪みかたというのがどうも心に残ってしまいます。

という訳で結論はいかに・・・
なんですがその前にBearfoot Honey Bee overdriveを弾いてみたい!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

洗練された音とデザインWalrus Audio

もっと詳しく
Return Top