JACQUES TRINITY-2 1台3役の優れもの高音質ペダル

なんと、こんなきわものが復活していたとは。
見た目のインパクトとは裏腹に人力ワウ、オートワウ、エンベロープフィルターが一体になった、結構優れものではあります。

ヤコブじゃない

Jacquesはフランスのメーカーですね。昔はヤコブと読んでた気がしたんですが、ジャックと読むらしいです。

僕が持っていたのは、この一世代前の緑いやつです。何で持ってたかと言いますと、慢性的なワウ重さ問題とオートワウ使いたい病という二重苦を一気に解決してくれそうと飛び付いたからです。
一番エフェクターにはまってた時期で、海外のオークションを使ってまでして手にいれました。

一番特徴は写真にある空気ポンプみたいなのを踏みふみしてワウワウするという、本気なのか冗談なのかよくわからない機能です。

これは動いているところを見てもらうのが一番いいと思います。

文体が全体的に過去形なので、お分かりかも知れませんが、もう手元にはありません。しかし、よいものであることは間違いありません。

こんな見た目ですが、高音質です。価格も結構しますし、ハイクオリティな音がします。こんな見た目ですが。

で、何で手放したかというと高音質すぎたってことですね。とくにオートワウはもっとエグいのが好みだったみたいです。

こういう複合ペダルは全部の音が気に入らないと、ありがたみが薄れるのが難点ですね。

それと最大の要因かも知れませんが、この空気ポンプでワウワウするのは、とても気持ちがあがりませんでした。最初見たときのドキドキ感はどうしたんだろうって言うぐらい。

いや、いいものですよ

なんだかマイナスなことばかりになってきましたが、音はほんと、いいんです。またポチってしようかなあと思ってるぐらい。
あとピッキング無視して一定間隔でワウワウし続けるのができてたはず。普通のオートワウじゃあできないですよね。

当時は日本国内で買える術がなかったので、こうやって普通に売ってるのを見ると嬉しいですね。
Jacquesいろいろ出てますね。Mercer Box が有名ですが、個人的にはKashmirが気になります。
このままがんばって定番モデルになってほしいですね。
どこかでこの空気ポンプ一生懸命踏んでるのをみてみたいです。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top