オン! ザ エフェクター

GtrWrks 19sixty3 かつての大人気フェンダー系ブースターが奇跡の復活

一世を風靡したブースターGtrWrks 19sixty3、装いも新たに再始動です。

かつての愛機ふたたび

これはかつて持ってまして、結構活躍してました。
ブースターといいましても昨今流行りのナチュラルに音量をあげるものではなく、積極的に音を変えていくものです。

どんな風に変わるかというのが、19sixty3のセールスポイントでもあるFender Blackfaceアンプの音、しかもクリーンという。

クリーン

アンプライクといわれる、またはどこそこのアンプをエミュレートしたと謳われるエフェクターはほとんどオーバードライブです。
よってだいたいがそのアンプの歪みに標準が合わされています。
クリーンに標準を合わせたものは珍しかったんじゃないでしょうか。

vs Lovepedal

ちょうど同時期にフェンダーアンプのクリーンの音を狙ったペダルが出てました。
BOSSのFBMとFDR、そしてLovepedalのSuper6です。
FBMとFDRは公式にもBassmanとDeluxe Reverbのモデリングとして世に出てました。
Super6も19sixty3と同じブラックフェイス期のフェンダーアンプがモデルでした。

BOSSはなぜか試しませんでした。まだデジタルに抵抗感があったのだと思います。

Super6は弾きましたね。
その上で当時、19sixty3を買ったのですが、
この2つのブースターを比べて話をすすめると
19sixty3の方がきらびやかに音が変わります。
バンドメンバーから「ギター、リバーブかかってる?」っていわれるくらい。

ここが分かれ目でしょうね。これぐらい積極的に音を変えたいかどうか。
どちらもFender ampに特有の艶とコシはでます。
Super6の方が悪く言えば地味、よく言えば質実剛健な感じがしました。
Lovepedalって全般に漢!って感じがしますもんね。

とにかくBlackfaceのFenderアンプはよく知らないのですが、
きらびやかな分GtrWrksのほうがぽい気がしました。当時は。

その後の大事件

それで大活躍していたんですが、ある時大問題が発生しました。

ギターをシングルコイルののものからP-90に変えたとき、
それまでどのポジションでも歪まなかったのに、結構ボリュームの浅いところから歪んだんです。
P-90だと歪むんですね。これ。

そのあとMenatoneのDirty Blondeというより自分が考えるフェンダーアンプに近いペダルが見つかったので
不幸なことに大粛正の際に旅立っていきました。

新しくなったことだし、P-90で試してみてよかったらまた買おうかなとは考えています。

動画は前のバージョンの分です。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

洗練された音とデザインWalrus Audio

もっと詳しく
Return Top