オン! ザ エフェクター

Earth Quaker Devices Humming Bird V3 トレモロがだめだった人に使ってみて欲しいトレモロ

多くの秀逸オーバードライブやマフ系ペダルの名作Hoof fuzzを擁するEarth Quaker devicesより
初期からの代表作Humming birdがリニューアルしたようです。

このHummingbirdはなかなかおもしろいペダルでトレモロちゃあトレモロなんですが、全然守備範囲が広い。
もともとはvalcoとかvoxとかのヴィンテージアンプについていたリピートパーカションといわれるトレモロを再現したものらしいです。

これがトレモロとしてはかかりが弱い感じですが、そうなることでよりディレイ的というか効果音的に扱えるようになってます。
トレモロって個性が強くてどうしても「トレモロ」って感じの音になっちゃいますが、
Humingbirdはあくまでも効果音として原音を邪魔せず、残響音が揺れてる感じの音がつくれます。
さらにはかかりを強くすると、リングモジュレーターやビートクラッシャー的なシンセサウンドにもなります。
一見おとなしそうに見える優等生が実はクラブで踊りまくってるみたいな。例えがよく分かりませんが。
depthを最小にするとクリーンブーストにもなるようです。

V3になってエクスプレッションペダルが繋げるようになり、rateが変化させれるようになりました。
Rateの変化でけっこう印象が変わるので、これで面白い効果が期待できます。

きつめにかけたトリッキーなサウンドもおすすめなのですが、ゆるめにかけたサウンドもいいです。
トレモロを探しているけど、王道なトレモロがちょっと違うなーと思っている人に特にお勧めします。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

洗練された音とデザインWalrus Audio

もっと詳しく
Return Top