オン! ザ エフェクター

Electro-Harmonix Cock Fight オートワウ&ワウ、マイクのないボコーダー、そしてファズ

エレハモって突然冗談みたいなペダルを投入してくるので、
いちいちびっくりさせられます。
突如発表されたこのCock Fight。

オートワウとファズとトーキングモジュレーターがひとつになったというこのペダル。
またまたこんなんだしてー、と思って
あんまり気にとめてなかったのですが、
動画を見てびっくり。

ぜんぜん使えるやつじゃないですかー。
侮っててすんません。

どう使えるやつかと言いますと、
まず、Autowahのクオリティーが高い。
これAutowahというよりも普通のワウっぽい。

一般にオートワウって、ワウっていうよりオートワウという
ひとつのジャンルというか、
明らかにクライベイビーみたいな踏むワウとは使う場面、狙う効果が違うもの。
しかし、このCock Fightのwahは踏むwahのそれです。

いやー音が踏むワウのそれだったので、どうやってこんなに踏んでるみたいな
タイミングで音が出せるんだろうと思ってたら
エクスプレッションペダルをつないでたんですね。
というわけでこれは普段はオートワウとして使えて、
エクスプレッションペダルをつなぐと足で踏むワウと使えるものだったんですね。
近いのでいうとjacques Trinityかな。
踏むものが違うけど。

最初、踏まないのに踏んでるような音がする
みたいな記事を書いてしまいましたが
他の作業をしながら動画を見ていて、
すっかり踏んでるところをすっとばしてました。
といいますか、エクスプレッションペダルをつなぐという
のがすっかりとんでて、先入観で見てしまってましたね。
おりぶーさんご指摘ありがとうございます。

それとあとはボコーダー部分が非常にきになります。
なぜか動画ではちょっとだけしか流れないんですけど、
その時点ですでに高品質なのがみてとれます。

このボコーダー(トーキングモジュレーター)も
声を入れる必要がない。
声を出してマイクで拾うという動作がいらなくなります。
これも楽。
あれ、結構マイクのところがベトベトになっっちゃいますもんね。
そういうことを気にしなくていい。
しかも音質がまったくいい。

まあ歌詞があって全く歌う場合にはそれは無理ですけど。
ボーカルにかけるエフェクトとしてではなく
ギターでのエフェクトと考えると全く使えるものだと思います。

そしてFuzzもついてきます。
このFuzzもWahとかVocoderの前にかけるか後ろにかけるか選択できたりして
非常に便利。
もちろんファズ無しもできます。
歪み方はちょっとディストーションぽい、エレハモなんでマフっぽい歪みかな。

ちなみにCockでにわとり、Cock Fightで闘鶏ってことでなかなか勇ましい名前ですが、
Cockってあちらでは男性のものを指す隠語らしいですね。
muffが女性なんで、エレハモらしいっちゃらしいんですが、
けっこうモロな言葉らしく、あちらではよろしくないだのらしいだので
なかなか盛り上がってるみたいです。

ホントにこういうものにかけるエレハモの意気込みってすごいですね。
日本では年内には発売されるみたいですよ。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. はじめまして。
    こちらのペダルはオートワウ的にも使えるようですが
    動画ではEXペダルを接続して踏んで使ってますよ。

    • ご指摘ありがとうございます。
      動画の踏んでる部分すっかり見逃してましたね。
      申し訳ありません。思い込みでみてしまってすっかりまいあがってました。
      音が太くてすごいなあと思って・・・

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

洗練された音とデザインWalrus Audio

もっと詳しく
Return Top