オン! ザ エフェクター

Electro-Harmonix B9、C9 ついにエレハモが実現したオルガンサウンド

エレハモは以前からやるやるとは思ってましたが、ホントにやりましたね。
HOG、POGを経てついにオルガンの音をシミュレートするエフェクターを出してきました。

サンプル動画が素晴らしすぎる

B9とC9がありますが、ざっくりいってB9がジャズ寄り、C9がロック寄りってところでしょうか。
サンプル動画を見てもらえれば、両者の違いは分かると思います。
かぶってる部分も多いですね。
しかし、この動画何がすばらしいっていって、演奏者が過去のオルガンの名演の数々をギターで忠実に弾ききってるところです。
オルガン愛を感じずにはいられません。

これが本当のオルガンサウンド

今までギターでオルガンサウンドというとレズリースピーカーの揺れを表現するものでした。Uni-Vibeにしてもそうです。SRVなんか直接レズリースピーカーを使ってた位ですから、その愛は半端ないものだったことが分かります。
しかし、そうした先人達も実はオルガン本体の音を出したかったけど、技術的に無理なのでせめてレズリーの音だけでもという気持ちだったのではないでしょうか。勝手な想像ですが。
かくいう管理人もオルガンの音が好きで、オルガンサウンドって聞くだけでどきどきしてました。で、ふたを開けて見るとただの揺れるサウンドだったりします。
それはそれでいいとは思いますし、Uni-Vibeにしろ、数々のレスリーシミュレーターにしろ、それ独自ですでにその音を確立してはいます。

オルガンサウンド探求の歴史

そんな歴史って言うほどのものではないんですが。
ごく初期の頃はBOSSのPS-3とかピッチシフターなどを駆使してオルガンサウンドを追求していました。

その後やっぱりエレハモですが、POGというオクターバーを発展させてHOGという素晴らしくバカでかいアナログのギターシンセを完成させました。
それを機能をある程度シンプルにしてまあまあスマートな形におさめたのがPOG2です。
これでオルガンサウンドが手軽にボードに組み込めるようになったのですが、POG2はもともとpolyphonic octave generatorの名前からも分かるようにオクターバーであり、オルガンサウンドで使用しても、ハモンドオルガンというよりもパイプオルガンの音に近いものでした。

これでもすごいなあと思ってたんです。
ところがどっこいElectro-Harmonixはこれぐらいじゃあ満足しなかった。
まさにそのものずばりの再現性でオルガンシミュレーターを完成させました。

それ以前にもEarth Quaker Devices(EQD)のOrganizerというオルガンシミュレーターがあってこれも素晴らしいんです。和音にも対応してるし。

でもそれ以上にエレハモはすごかった。EQDが先に出したのを見て火が付いたのでしょうか。
そうだとするとEQDの功績は大きいです。

ちょっと気合いが入りすぎて長くなったので、細かい仕様は次回に・・・

→続きの記事はこちら

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. このエフェクターはキーボードにもつなげますか?
    普通のオルガンの音をハモンドオルガンのような音に変えることができますか?

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

洗練された音とデザインWalrus Audio

もっと詳しく
Return Top