オン! ザ エフェクター

DOD Meat Box 3大迷機の2つめ、遂に復活

続々と過去の名作をレイシューしているDODから、3大迷機のうちの2つめ、
Meat Boxが復活です。
sub synthとうたってますが、いわゆるベースシンセですね。

DigitechのもとでDOD名義での復活です。
どんなものなのか、これも動画を見た方が早いと思います。

いやもう熱い動画が多いですね。
どれも説明が長い。
ミートボックスに対する期待感か。
待ち望んでいた感がひしひしと伝わってきます。
オリジナルは相当に高騰してるみたいですからね。

肝心のサウンドですが、
これがなかなか普通に使えるやつかと。
アナログなんで音が自然で太い。

ベースシンセというよりもオクターブによって、
さらに低い音を出せる、作り込めるところがポイントかな。
サブオクターブということは2オクターブ下ってことですかね。
音が低すぎて動画では聞こえにくくなってる部分が。。。
原音とエフェクト音を別々に出力できるらしいのですが、そうやってエフェクト
音をちゃんと低音のでるスピーカーに逃がさないと、とんじゃうらしいです。

ベース以外にもドラムマシンにも使えるそうです。
オリジナルの回路は踏襲しつつ、一部部品は新しく、
またボディも最近のDOD仕様の頑丈なものに。
でもオリジナルにいたハエのイラストは、ちゃんとまたいます。
音のイメージでしょうか。

デジテック傘下になってから、ここのところ
ディーオーディーの過去の名作の復活が続いています。

これで残すところはBUZZ BOXの復活を待つのみになりました。
ではそれまで3大迷機揃い踏みの動画でも楽しみながら、じっくり待つことにしましょう。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

洗練された音とデザインWalrus Audio

もっと詳しく
Return Top