オン! ザ エフェクター

DOD Gunslinger 見た目もかっこいいMOSFETディストーション

DODから新しいMOSFETディストーションの登場です。

夕陽のガンマン

Gunslingerとはガンマンとか銃の手練れって言う意味らしいです。西部劇に出てくるようなあれですな。基本的には殺し屋さん。スナイパーじゃなくガンマンっていうところがポイント。
古臭くて物騒な感じのネーミングはどこまで音に反映しているのか。

ともあれ、Digitech傘下のDODより真空管アンプのプリ部を模したMOSFETのディストーションです。

大きいつまみがVolumeとGain、下の小さいつまみがHighとLow、この2つのEQはカットとブーストのようです。。
チューブアンプのサウンドとピッキングニュアンスの反応性を謳ってます。

Overdrive/Preamp 250の生産終了の直後に発表されたGunslinger。
これからのDODのオーソドックスな歪みとして定番化するんでしょうか。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

洗練された音とデザインWalrus Audio

もっと詳しく
Return Top