オン! ザ エフェクター

ギターシールド8の字巻きの真実

ギターシールドの8の字まき。
比較的早い段階で教えてもらってますよね。
友達やら何やらで。
皆さんは使いこなしてますか。
もしかしたら管理人と同じようにやってはいるんだけど、
結局ぐちゃぐちゃになってる人いませんか。

ギターシールドだけじゃなくケーブル類全てに使える8の字巻き。
PAさんなんかが華麗にシャーと巻いてる姿を見て
憧れるんですが、なかなかあのようにいかない。

しかし、
便利な世の中になったもんで、
できないこと分からないことがあれば
さっとネットで検索できるこのご時世。

調べてみましたよ。
そしたらあるわあるわ。
図解してるのから動画から。
まあ、こんなにあるってことは
うまくできなくて悩んでいる人も多いってことかな。

ではさっそく良さそうな動画を見てみましょう。

・・・・
ん、同じだ。
自分がやってるのと同じ。
1回ぐるっと巻いたら、次は逆に向けてぐるっと巻く。
やり方はあってるんだな。
しかしなぜ・・・?

って言うところで気がつきました。
ポイントは巻く時じゃなくほどく時。

今までは無造作に片方のプラグだけつかんで
えいって床に放り投げてましたが、
プラグをそれぞれ両手に持ってパラッとやったり、
最初に全部ほどくとかしないといけなかったんですね。

たしかに巻き方はその昔聴いたような気がしますが、
ほどき方は聞いてなかったですね。

そこに気をつけ出すと、確かにシールドが絡まなくなりました。
いやー何事も調べてみるもんですね。
20年ぐらいの悩みから解消されましたよ。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

洗練された音とデザインWalrus Audio

もっと詳しく
Return Top