オン! ザ エフェクター

BOSS LS-2 なにげに最強のラインセレクター

BOSSやっぱりすごい。そう思わせるラインセレクター、ABボックスです。これが単純なように見えていろいろできるやつ。

何がすごいか。

初登場から25年たちながらも、ラインセレクターの定番モデルとして君臨しています。まずここがすごい。
その上、シンプルに見えて実は高機能なんです。おそらくラインセレクター、ABボックスを買おうと思った時にLS-2は最初に検討するものだと思いますが、まあこれでなんでもできます。なんでもは言い過ぎですが。
各社から色々出ているラインセレクター、ABボックスの中でまず注目すべきはBOSSっていう安心ブランドな事、価格的にも手に取りやすい事、そんな特徴から一見シンプルなように見えて実は高機能なところ。
実はBOSSって意外にそういうのが多いんですよねー。

ブレンダーとして

なにが便利って、やっぱりAB両チャンネルで別々に音量を設定できることですね。
これが便利。
これができることによって、エフェクト音とバイパス音を混ぜて、なおかつそれぞれの音量を設定できます。エフェクターによっては音の抜けが悪くなったり、芯がなくなったりするものもありますがLS-2を使って調整できます。その他、ブースター的に使ったりとか2つのループの音を混ぜたりとか使い方は様々です。

つまりはブレンダー的に使えるということですね。

ブレンダーとして特化したエフェクターはいくつかあります。
たとえば以前記事にしたUmbrella Company Fusion Blenderとか。
フュージョンブレンダーの記事はこちら→

ブレンダーにはないLS-2の機能としては、あとギター2本の切り替えとか(音量は設定できないがもう1台も指せます)、アンプも3台の切り替えができます。

↓BOSS LS-2の機能については、こちらの動画がよくまとまっています。

デメリットは

音痩せするってことなんですけど管理人の使用の範囲では音痩せは感じなかったです。
まあ管理人が音に鈍感なだけかもしれませんが。

その点でいうと音痩せを改善させたMODものもありますし、どこかに持ち込んでMODしてもらってもいいですしね。

あとは使いたい機能がしぼられるのであれば、もっとコンパクトなのがあったりしますし、バッファとかサウンド面で高性能なのを求めて他の機種を探すのも良いと思います。

ですが、とりあえずラインセレクターが必要な場合、得に初心者の時にはBOSSのLS-2は強力な味方になってくれると思います。
管理人の場合、探してる機能(2in1outでinがそれぞれボリュームの設定が出来るもの)がいろいろ探したのですが、これにしかできなかったのでこれにしました。

これ以上になれば、本格的なループシステムを組んでいくしかないですね。BOSSからもプログラマブル・スイッチャーでてますし。実はBOSSはなかなかこういうプログラマブル・スイッチャーを出してなかったんですが、今まではLS-2で十分って思ってたかもしれないですね。
BOSSのプログラマブル・スイッチャーの詳細はこちら→

もっと大袈裟なループセレクターだともっといろいろできるんでしょうが、それもなんだかなあですし。まず第一に、あんまりどでかいのになると機能が多すぎてついていけません。これくらいがちょうどいいんです。
BOSS恐るべし、です。

BOSS LS-2を楽天市場でできるだけお得に探す

発売から25年経ってることもあり、中古が安定的に供給されてます。新品で買ってもこの機能で、お買い得なのですが、さらにお安く買ったりできますよ。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

洗練された音とデザインWalrus Audio

もっと詳しく
Return Top